えいぶる新聞令和二年三月号

春季全国火災予防運動

毎年3月1日~7日は

春の全国火災予防運動の期間です。


花のつぼみが膨らみ始め、春の足音が聞こえ始めました。

今年は暖冬の影響で暖かい日が多いですが、まだまだ朝晩は冷えるこの時期。 実は1年のうちでもっとも火災が増える季節が春なんです。


【春の火災は乾燥時と強風時に注意】

消防庁の資料によると、出火件数がもっとも多いのがなんと3月。

火災が多いイメージのある冬ですが、春は乾燥が続く上、1年の中でも特に風が強い季節。乾燥で着火しやすくなり、強風で火が広がるという条件が揃うため、春は火災が多くなるのです。


【火災から身を守るために】

火災の出火原因は「電気器具」「コンロ」「たばこ」など、私たちの生活に身近なものが火種となっています。 ぜひ火災予防のチェックをしてみてください。


其の一、コンセント

●トラッキング火災(図①)●

長く使っていない家電製品のプラグが差しっぱなしになっていませんか?

差し込み口に溜まった埃に湿気が加わるとプラグの両刃の間で放電が繰り返されて、発火してしまうことがあります。


●たこ足配線●

コンセントの数が足りなくて、延長コードに沢山のプラグを差し込んでいませんか?

1か所のコンセントの許容量を超える電力を使用すると、コンセントが過熱して火災につながる可能性があります。


●配線コード火災●

コードが長いからと束ねたままで使用していませんか?

曲がったり、束ねたりしている部分に負荷がかかり、キズ・断線など起こし火災につながる可能性があります。また、コードの上に物を乗せたり、コードの部分を引っ張るなどの行為も危険です。


其の二、キッチン

●コンロ火災(図③)●

そばを離れるとき、火が点いたままになっていませんか?「ほんの少しだから大丈夫」は危険です。もしも火が油に着火したら? もしも吹きこぼれて火が消えガス漏れしていたら? 布巾などに火が移ったら? 後悔先に立たずです。

そして、コンロやその周りは常に綺麗にしておきましょう。飛びはねた油などに火が燃え移る危険性があります。


其の三、たばこ

●たばこ火災(図②)●

禁煙者が増加し、喫煙者が減少しているのにも関わらず、火災の件数が減らないたばこ火災。

敷き布団や座布団に落ちた小さな火種があっという間に家全体に広がってしまう。そんな火災が増えています。吸い終わった後、すぐにゴミ箱に入れるのも危険。消えたように見えて小さな火種が残っているものです。しっかり消火の確認を忘れずにしましょう。

火の回りには燃える物を置かない。基本的なことですが、少しの意識で火災を未然に防いでいきましょう。

腰痛

軽い症状でも、仕事に集中できなくなることもある腰痛。

腰痛といってもその種類は様々です。

実は腰椎は様々な器官の中で一番早く老化[変性]が起こると言われています。なんと二十代から老化が始まり、徐々に進行します。年を取ればとるほどその変化は大きくなる。変化があるからと言って必ず腰痛を起こすわけではありませんが、腰痛を起こすリスクが高くなると言われています。


【腰痛の原因トップは?】

●筋肉などの痛み(非特異的腰痛)

無理がかかりやすい腰ですが、骨だけでなくこれを支える筋肉にも常に負担がかかっています。痛みが徐々に出てくることもありますが、突然激しく痛む。これが『ギックリ腰』です。クシャミをするだけで痛い。ただひたすら安静あるのみです。

しかし、安静にしていれば大抵は数日で良くなりますが、現代の労働者は痛いからといって簡単には休めません。疲労がたまり負担がかかったままの状態でいると慢性的な腰痛になります。


腰痛は、職業性疾病の6割を占める労働災害

●心理的要因

「痛みを和らげる働き」をしてくれる脳。しかし、家庭や職場でのストレスにより、この「痛みを和らげる働き」が機能しなくなり慢性的な痛みを感じるようになってしまいます。中でも『朝方に腰痛を強く感じる』という人は、心理的要因が関係してる可能性があります。

骨盤や筋肉の疲労による腰痛などを予防するためにも、ぜひ次のことに意識してみてください。


■温度■

寒い場所での作業は、腰痛を悪化、または発生させやすくするので、適切な温度を保つ。


■運動■

筋肉が落ちると腰への負担が大きくなります。

運動は筋力量の増加・血流の改善に効果があります。ウォーキングやストレッチなどまずは手軽なものから始めてみましょう。ただし、痛みがあるときに運動すると悪化する恐れがあるので、痛みのないときに無理なく行うようにしましょう。


■背筋を伸ばす■

背骨は重力の影響を均等に分散させるため緩やかなカーブを描いています。

しかし、猫背など悪い姿勢をとっていると重力の影響を強く受け、腰に大きな負担がかかります。

また、デスクワークや運転など長時間同じ姿勢を続けることで、腰の筋肉が緊張し、血液の流れが悪くなるため腰に大きな負担がかかります。意識的に胸を張ったり腰を伸ばす・左右に動かすなど軽いストレッチで筋肉をほぐすようにしましょう。


■ストレス対策■

楽しいと感じると、脳の血流が良くなって「痛みを和らげる働き」が活発になり、痛みを抑えることができます。好きな音楽を聴く、好きな映画を観るなど生活の中にリラックスできる時間をつくることがおすすめです。


※ 脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアなど腰の神経の障害によって起こるものや、骨粗しょう症・内臓の病気による腰痛もあります。これらは原因を特定できる腰痛のため、一刻も早く病院へ行って元を治療してください。


まだまだ寒暖差があるこの時期、暖かいお風呂にゆっくり浸かるなど、身も心もリラックスしてゆっくり睡眠をとることも忘れずにしてくださいね。


  • ホワイトYouTubeのアイコン

​銀座本社

〒104-0061
東京都中央区銀座8-17-5

aios銀座 404号室

神戸支社
〒650-0011

兵庫県神戸市中央区下山手通
3-10-4 エイブル・スタッフビル

qrcode (大).png
総合人材サービス株式会社エイブル・スタッフ

© 2020 ABLE STAFF. All Rights Reserved.

Benefit-Station.jpg

​エイブル・スタッフは、ベネフィットステーション等を利用し、福利厚生の充実に力を入れて取り組む企業です。